PR 管理職なりたくない

【部下と合わないのは当たり前?】職場で消耗したくない上司の必見!対処法とは?

【部下と合わないのは当たり前?】職場で消耗したくない上司の必見!対処法とは? アイキャッチ

「相性の悪い部下がいる」
「どうして合わないと感じるのかな」
「合わない部下との関わり方を知りたい」

こんな悩みにお答えしていきます。

管理職にとって、部下との関わり方は頭を悩ませる問題です。

話が合わなかったり、イマイチ素っ気ない態度で扱いの難しい部下っています。

部下のマネジメントは、管理職の重要な仕事です。

とはいえ、職場には必ず合わない人というのは存在します。

日本には年功序列年功が根強く残っていて、単に勤続年数で出世したのでマネジメントは苦手という管理職は多いです。

なんだか合わないな、嫌だなという感情を隠そうとすると、変に意識してしまい相手にも伝わってしまいます。

ふじた部長

自己コントロールが大切で、合わないという先入観を一度捨ててフラットな目線で部下と向き合いましょう。

そこでこの記事では

  • 部下と合わない理由
  • 部下と合わない時の対処法

を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、どんな部下とも上手く関わることができる管理職を目指しましょう。

40代が年収UPさせる方法

40代必須のスキルを習得する
まったく新しい実践形式のスクール! 40代の経験とスキルを活かして
生涯年収+3,000万円を生み出す! 経験豊富な40代だから
おすすめできる転職エージェント! 40代が人生を変えたいなら読書は最強の方法!

部下と合わない3つの理由

部下と合わない3つの理由

部下と合わない理由を僕の体験談を含めて解説します。

部下と合わないと感じる理由は、次の3点です。

  • 部下が何を考えている分からないから
  • 部下へ指示が通じないから
  • 部下が優秀だから

一つずつ見ていきましょう。

1.部下が何を考えている分からない

おじさん的な用語になりますが、最近の若い人は何を考えているか分かりません。

価値観が多様化していて、仕事の成功に価値を感じない人が増えているからです。

仕事の時間の間は、そつなく仕事をこなすします。

しかし必要以上にはコミニケーションを取りませんし、当然飲み会の誘いも断ります。

ふじた部長

現在管理職を務めている1980年代前半生まれの世代は「会社の為、上司の為」という考えがギリギリ成立する世代です。

1980年代後半以降の世代になると、個人や会社以外の場所に生きがいを感じています。

上司世代から見ると、付き合いも悪いし、なんだか合わないなと感じるでしょう。

上司から飲み会に誘われた部下の気持ちについては、関連記事「【上司に飲み会に誘われた】管理職も納得!嫌われない断り方とは?」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

2.部下へ指示が通じないから

部下に指示をしても上手く伝わらないと合わないと感じてしまいます。

管理職としては、自分の思い通りにならないとイラッとすることもあるでしょう。

具体的には下記のような感じです。

  • 指示した通りに動かない
  • いつも反発してくる
  • 愚痴が多い
  • 報告・連絡・相談ができない

社会人とての基本ができていないような人がいます。

現在の慢性的な人員不足や、上向かない給与水準も理由といえます。

管理職側が舐められている形になっていて、上下関係が崩れている状態です。

部下に指示をして思い通りに動いてくれず合わないなと感じます。

3.部下が優秀だから

優秀な部下は正直扱いづらく、合わないな感じてしまいます。

優秀なので、仕事でのミスも少なく上司として指導したりする機会もないからです。

下手をすると、管理職側のミスを指摘されてプライドをへし折られることもあります。

中には出世欲全開で、上司を蹴落として出世したい考える人や、あくまで組織の一員として輪を乱さずチャンスを待つタイプもいます。

とはいえ、優秀な部下がいることは管理職にとっては喜ばしいことです。

ふじた部長

優秀すぎる部下は扱いづらいですが、上手くマネジメントして部署の成果に繋げていきましょう。

そもそも優秀なタイプの部下は、上司のことを下に見ていることが多いです。

管理職側も舐められないよう、しっかり勉強しておく必要があります。

管理職に読んで欲しい本を、関連記事「【2024年最新版】管理職におすすめ本!500冊以上読んだ会社員が完全網羅!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

部下と合わない時の対処法3選

部下と合わない時の対処法3選

合わない部下がいるとは言え、管理職なので上手く部署を回さないといけません。

ここでは、合わない部下との対処法について解説します。

部下と合わない時の対処法は、次の3点です。

  1. 仕事だと割り切る
  2. 観察して長所を見つける
  3. コミュニケーションを続ける

それぞれ詳しくみていきます。

1.仕事だと割り切る

部下と合わないとは言え、仕事だと割り切りましょう。

管理職という立場は、少なからず部下からは嫌われるものだからです。

長年管理職をしていると実感しますが、常に2割くらいは仕事が出来なかったりウマが合わなかったりする部下がいます。

「管理職なら、自分のやりやすいように人事できるのでは?」なんて意見もあると思います。

ふじた部長

辞めたり、異動で入れ替わりはありますが、この割合はいつも一定です。

元々仕事が出来ていた人も、何かのタイミングで仕事が出来ない側になってしまうこともあります。

管理職としては、この現状を受け入れて仕事をしないといけません。

合わない部下がいても、仕事だと割り切りましょう。

2.観察して長所を見つける

合わないな感じているとは言え、一度先入観を捨ててしっかり観察して長所を見つけましょう。

人間は基本嫌なことからは目を背けがちだからです。

普段から合わないと感じているから、顔も見るものストレスに感じているかもしれません。

先入観を捨ててフラットな気持ちで見ると、長所が見つかることもあります。

ふじた部長

実は部署内で重要な仕事をしてくれていたり、みんなが嫌がるような仕事も難なくこなしてくれていることもあります。

合わないという感情は一旦忘れて、しっかり観察してみましょう。

3.コミュニケーションを続ける

一番しんどいことですが粘り強くコミュニケーションを続けることです。

単純接触効果というものがあって、接触回数が増えるほど、親密感が増えます。

ふじた部長

僕もこの効果は実体験済みで、商工会議所青年部の活動でイベントを運営で毎晩集まっている時は、メンバーとの絆がかなり深まった印象があります。

とはいえ、合わないと感じている部下とのコミュニケーションは気が進みません。

まずは、基本ですが挨拶を徹底することから始めやすいです。

勿論挨拶はしていると思いますが、キチンと目を見ていなかったり、顔や体は別の方向を向いていることもあります。

小学生でも分かることですが、相手の方向に体を向けて相手の目を見て挨拶しましょう。

管理職側が逃げても良いことになりません。

廃人みたいな40代になる前に

廃人みたいな50代になる前に

「色々考えたけど、人間関係に問題がある職場は嫌だな」

社会人の多くは、対人関係の悩みを抱えています。

悩みの9割は人間関係によるものと言われているからです。

40代になると背負うものが増えてくるので、簡単に仕事環境を変えるのが難しくなります。結果我慢を続ける人が後を絶ちません。

ふじた部長

ストレスに耐え続けた結果、メンタルを病んでしまい廃人のような40代を過ごす人もいます。

年齢を重ねるにつれ、本音で話せる相談相手が少なくなったと実感しませんか?

転職エージェントの担当者であれば、現状の悩みや今後のキャリアを相談できます。

今すぐに転職の意志がなくても問題ないので、是非一度相談してみてください。

40代にオススメの転職エージェントなら、JAC リクルートメント」一択です。

登録は無料で、強引に転職を勧められることはありません。

自分のキャリアプランを相談できる安心のエージェントで、担当者と10年以上の付き合いの人もいます。

「JAC リクルートメント」の強み

  • 40代に圧倒的におすすめ
  • 30年以上の歴史と43万人以上の転職実績
  • キャリアUPする転職のみ提案

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

40代がキャリアUPする転職

JAC Recruitment

数ある転職エージェントのなかでも、企業と求職者の双方を一人のコンサルタントが担当するコンサルティングを導入していて、コンサルタントの優秀さは折り紙付きです。

常にスピードを持ちながら誠意と真摯な姿勢を重視した対応から、知⼈・友⼈にすすめたい転職エージェントと答えた人が利用者の94.7% と高い評価を得ています。

ふじた部長

サービスクオリティの高さもハイキャリアにピッタリのエージェント。

大手転職エージェントは対象年齢が若手向きなものが多いので、年齢が上がるにつれて転職活動が難しくなる傾向があります。

実際に登録しても、紹介できる案件がないと言われることも多いです。

「JAC リクルートメント」であれば40代を対象にしているので安心して登録してください!

今後のキャリアに迷う選択についても、

  • マネジメント能力を活かした管理職か?
  • スキルを活かした専門職か?

親身になって対応してくれます。

キャリアアップ、年収アップの両方を目指していくのも、他のエージェントとの違いで、遠慮しがちな年収交渉も一手に引き受けてくれます。

コンサルタントは、企業に直接訪問しており、各企業の雰囲気や特徴を熟知しているので転職側にも企業側にも満足度の高いマッチングが期待できます。

日本人は我慢強いので苦しいことにも耐えることに良しとしがちです。

ふじた部長

あなたが今の仕事で我慢し続けると最悪の場合、メンタルを病んで働けなくなるかもしれません。

もしかしたら、業績が悪化して労働条件が悪くなることもあり得ます。

もし、あなたが働けなくなれば家族の生活はどうでしょう?

家のローンや車のローン、子供進学資金も困りますよね?

40代の方が社会に出て20年以上経ちますが、職場を取り巻く環境は大きく変わったはずです。

倒産を経験した人もいるかもしれません。

定年までの残り20年以上の期間も、今までと同等がもしくはそれ以上の変化が起こります。

大きな変化の波に対応する為には、準備しておくことが大切です。

体力も落ちてくる社会人後半戦を無事に生き抜く為にもしっかり備えておきましょう。

まずは情報を収集するというスタンスで全然OKです!

明日になって「昨日登録しておけば良かった」なんて後悔して欲しくありません。

僕は、1人でも多くの悩める管理職を救うのが目的です。行動するには今しかありませんよ!

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

転職者の8割が利用するNo.1サイト

リクナビNEXT

「転職サイトも利用した方が良いのか知りたい」

こんな悩みにお答えしていきます。

転職エージェントを利用していない企業も多いので、転職活動の際は転職サイトにも登録必須です。

おすすめの転職サイトは「リクナビNEXT」一択。

業界最大手のリクルートが運営するサイトで、転職サイトの中ではNo.1の求人数を誇ります。

「リクナビNEXT」の強み

  • 便利な会員限定機能
  • 市場価値がわかるスカウト登録
  • 充実のアプリやコンテンツ

\転職者の8割以上が登録するNo.1転職サイト/

リクナビNEXT

アプリもあるので、スマホで手軽に調べることが出来るのは魅力的です。

無料で利用可能で登録するメリットも多いので、登録しておいて損はありません。

ふじた部長

転職エージェントでの紹介求人にない求人に出会えることもあります。

そこでここでは「リクナビNEXT」をおすすめする理由について解説します。

  • 便利な会員限定機能
  • 市場価値がわかるスカウト登録
  • 充実のアプリやコンテンツ

一つずつ見ていきましょう。

1.便利な会員限定機能

便利な会員限定機能

転職活動をスムーズに進めるために役立つ機能が盛りだくさんです。

  • 希望に合った求人をメールでお知らせ
  • 気になる企業をリストで保存可能
  • レジュメ保存で書き直す手間が省ける

気になる企業がある場合は登録をしておけば、その企業の求人が掲載された際に自動でメールが届きます。

転職希望の企業がある場合は、チャンスを逃すこともなくなります。

2.市場価値がわかるスカウト登録

市場価値がわかるスカウト登録

企業からのスカウトを受けられる機能もあります。

職務経歴や転職希望条件などを登録しておくと、あなたに興味を持った求人企業や転職エージェントから直接オファーが届くサービスです。

ふじた部長

企業からのオファー数が確認できるので、自分の市場価値を客観的に知るることができます。

自分の現状を知ることで、転職するべきかどうかという判断も可能です。

3.充実のアプリやコンテンツ

充実のアプリやコンテンツ

転職者の悩みや不安に応える便利なアプリやコンテンツが充実しています。

  • 自アピールポイントの発見ができる診断
  • Webのアカウントと連携可能アプリ
  • 各はじめての方でも役立つ転職ノウハウ

特にグッドポイント診断は、自分自身の強みを発見できる診断サービスなのでぜひ受けておきたいサービスです。

\転職者の8割以上が登録するNo.1転職サイト/

リクナビNEXT

明日から会社に行かない

退職代行ガーディアン

「長い間勤めているので辞めにくいな」
「上司に退職の意向を伝えると引き止められるから嫌だな」

退職に関する悩みがあるなら、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

現在は、退職者の4人に1人が退職代行サービスを利用しているのが現状だからです。

退職代行ガーディアンは退職成功率100%なので間違いありません。

「退職を意思を示しても、全く話が前に進まない」そんなことありますよね?

面倒な引き継ぎ業務や、人によっては上層部の役員との面談も必要になります。

特に仕事がバリバリできる優秀な30~40代には絶対辞めて欲しくないのが現状です。

あなたの上司も死に物狂いで、あなたを引き止めるでしょう。

とはいえ、辞めたいのに下手な引き止めはかなり迷惑ですよね。

そこで、退職代行の出番です。

「流石に急に辞めるのは無責任」そんな意見もあるかもしれません。

しかし「職業選択の自由という権利」があります。

長く会社に勤めていると、所属意識や愛着感により、自分が我慢してしまいます。

もしあなたがメンタルを病んで働けなくなっても、会社は助けてくれません。

辛いなら早めに逃げましょう!もう明日から会社に行かなくてもOKです!

少し休んでまた頑張りましょうよ!

\明日から出社しなくてOK/

退職代行ガーディアン

管理職なんてなりたくないと悩んでいる人は、コチラの記事を是非ご覧ください!

オススメ
【管理職になりたくない】楽に働いて心豊かな人生を過ごしませんか? アイキャッチ
【管理職になりたくない】楽に働いて心豊かな人生を過ごしませんか?

「出世して管理職になることには興味がない」「気楽に働きたいけど、今後どうなるか不安」「仕事よりプライベートを充実させたい」 こんな悩みにお答えしていきます。 自分の上司の姿を見ていると、管理職になりた ...

続きを見る

-管理職なりたくない