理想の上司

【徹底解説!】無能な上司の特徴とストレスを与える勤まらない管理職の対処法

【徹底解説!】無能な上司の特徴とストレスを与える勤まらない管理職の対処法 アイキャッチ

「無能な上司の特徴を知りたい」
「会社に無能な上司がいる時どう対処したら良いか知りたい」
「もっと良い環境の職場を探したい」

こんな悩みにお答えしていきます。

上司が無能で困っている。

たまに仕事を手伝うと足を引っ張るだけなので、むしろ何もしないほうが良いけど、何もしないとそれはそれで腹立たしい。

仕事の出来が良い人ほど、理想の上司と現実の上司のギャップに苦しみます。

そこでこの記事では

  • 無能な上司の特徴
  • 無能な上司の対処法
  • 無能な上司の元から逃げる方法


を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、無能な上司の対処法を知りストレスフリーな働き方を目指していきましょう。

無能な上司の5つの特徴

無能な上司の5つの特徴

上司との関わり方にもどかしさを感じる人は多いです。

こちらでは無能な上司の5つの特徴を解説していきます。

  • 判断しない(できない)
  • 責任から逃げる
  • 空気を読めない
  • 古い考えに固執
  • IT関係に疎い

一つずつみていきましょう。

1.判断しない(できない)

承認がなければ進まない仕事がありますが、上司が判断しないので止まってしまいます。

通例通りの案件であれば問題ないですが、イレギュラーな案件の判断はできません。

僕の直属の上司は、自分が目を背けたい案件は机の引き出しに直して時間が経つのを待ちます。

スピード感に欠けるので、他社に一歩も二歩も遅れてしまいます。

管理職の仕事は判断することなので、できない上司は無能です。

2.責任から逃げる

責任から逃げる管理職は最低です。

部下のミスをかばったり、アドバイスをしたりするのが管理職の務めだからです。

抜群の危機管理能力で、クレーム対応から鮮やかに逃げる上司がいます。

さっきまで暇してたのに、苦情の電話が掛かった瞬間に急に忙しいふりをはじめたり席を離れたりします。

嫌なことから目を背けて責任から逃げる上司は無能です。

管理職の責任については、関連記事「【管理職は辛いですよね!】責任・プレッシャー管理職を襲う様々な悩みを現役部長が解説します!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

3.空気を読めない

空気を読む能力が上司には必須です。

雰囲気から読み取って部下との接し方を変える必要があるからです。

例えば、忙しくしている部下に、業務に関係ない世間話を続けていると嫌がられます。しかし何か困っている部下に対しては、アドバイスが必要かもしれません。

必要なタイミングで必要な物を訴求するイメージです。

優秀な管理職は、空気を読んで部下が欲している物を絶妙なタイミングで差し出すことができます。

空気を読めない上司がいると「今それ必要?」という様な事が度々起きてやる気を削がれます。

4.古い考えに固執

自分のやり方に固執して新しいアイデアを取り入れない上司は無能です。

古いやり方で成功した経験があるからです。

しかし現代は時代の流れが早いので昔のやり方は通用しません。

僕の上司も昭和50年代に新幹線が開通した時の大盛況ぶりをよく語っています。

既に半世紀近く前の話ですし、生まれてない時代の話なので正直ピンときません。

若かりし頃の武勇伝はどうでも良いので、これからどうするかを決めて欲しいです。

5.IT関係に疎い

IT関係というよりパソコンができない上司が多いです。

50代後半から60代になるとパソコンにアレルギー反応を示し覚えようとしません。

いまだにカナ変換のやり方がわからないから呼ばれる時もあり、正直勘弁して欲しいです。

パソコンがビジネスシーンで使われるようになって20年以上経ちます。

満足にパソコンが使えない上司は無能としか言いようがありません。

無能な上司の対処法3選

無能な上司の対処法3選

自分の上司が無能とはいえ、何とか上手く仕事をやっていかないといけないと考える人は多いです。

そこで無能な上司の対処法を解説していきます。

  • 明確な指示を求める
  • 期限を決めてお願いする
  • 頼ることを諦める

それぞれ詳しくみていきます。

1.明確な指示を求める

無能な上司は判断が苦手なので指示が曖昧になりがちだからです。

指摘を受けた時も単純にやり直しと言われただけで、具体的な指摘ポイントがわからない事があります。

理由を聞いても「熱意がない」とか「気持ちが伝わらない」といった感じで精神論を口にします。

感覚的に言われても困るので、明確な指示を求めましょう。

とはいえ、元々考えがないので詳しく聞き過ぎるとキレてくる可能性もあるので注意が必要です。

2.期限を決めてお願いする

面倒なことにフタをしてしまうからです。

いつまで経っても返答がないと思っていたら、上司の机の引き出しの奥に眠っていたと言うことも多いです。

明確に「この件については、○○日までに判断をお願いします」という感じで期限を決めましょう。

期限を設定することで、締切付近に再度上司にリマインドしやすくもなります。

無能な上司は基本仕事に対する責任感がないので、期限を決めておくのは良い策です。

3.頼ることを諦める

上司に過度に期待しないようにしましょう。

期待と現実のギャップが失望に繋がるからです。

とはいえ、上司を無視するわけにはいきません。

業務上必要な、報告・連絡・相談、いわゆる「報連相」は徹底して、自分の仕事はキッチリこなしましょう。

自分である程度考えて行動することで成長速度も加速します。

いつか上司と部下の立場が逆転して、あなたが上司になる可能性もありまう。

無能な上司の元から逃げる方法

無能な上司を追い込む方法

無能な上司にはできれば辞めて欲しいと考えるかもしれません。

とはいえ、流石に辞めてもらうのは厳しいので自分が逃げる方が現実的です。

そこで上司の元から逃げる方法を解説していきます。

  • 更に上の上司に伝える
  • 転職を視野に入れる

順番に解説します。

1.更に上の上司に伝える

上司の更に上の立場の人に直談判しましょう。

不満を思っているだけでは解決しませんし、上手く伝えれば問題が解決することもあるからです。

とはいえ、大企業は組織もしっかりしているので、なかなか上層部と話をする機会がないかもしれません。

そんな時は、人事部やコンプライアンス委員会等を活用しましょう。

匿名で報告可能なので「○○部の△△部長の仕事ぶりがヒドくて部下が疲弊している」という感じでOKです。

もしまとも動いてくれないような会社であるなら、見限るも一つの手段です。会社の体制にも問題があるので将来性も疑問だからです。

2.転職を視野に入れる

色々対処をしてもストレスを軽減できなかった場合は、最終手段として転職の選択肢があります。

部下がどれほど努力しても、上司本人に変わる気がなければ状況は変わりません。

上層部に相談しても何の対応も行われなかった場合は、会社の体質にも問題があります。

働き続けても上司に対する不満が増すだけでなく、会社への不満が噴出するかもしれません。転職を考えても良いタイミングです。

年齢的にも何度も転職したくない、新しい職場でバリバリ働きたいと思う人には転職エージェントを利用して効率的に転職活動を進める方法がオススメ。

自力では知ることができない企業の情報や、自分のアピールするべき強みを二人三脚で見つけてくれるからです。

無能な上司の元を去ることで、更なる飛躍が待っています!

今すぐに転職しなくてもエージェントに登録して自分の市場価値を知るだけでも価値があります。

転職エージェントに登録するメリットや、自分に合った転職エージェントを知りたいと思うなら、関連記事「【2023年最新版】オススメ転職エージェントまとめ 人事歴17年の僕が教えます!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

理想の上司について知りたい人は、コチラの記事を是非ご覧ください!

オススメ
【誰もが憧れる】理想の上司の特徴!ダメな管理職にならない為に気をつけたいポイント アイキャッチ
【誰もが憧れる】理想の上司の特徴!ダメな管理職にならない為のポイント

「理想の上司像を知りたい」「理想の上司になるためにどうすれば良いか知りたい」「部下から慕われる上司になりたい」 こんな悩みにお答えしていきます。 管理職なら部下から慕われるような理想の上司に憧れます。 ...

続きを見る

40代でも年収UPする転職

【2023年最新版】おすすめ転職エージェントまとめ 人事歴17年の僕が教えます! アイキャッチ 1

「転職活動をどうやって進めていけばよいか知りたい」「なんとか今の会社から抜け出したい」「仕事も忙しいのであまり時間を取れない」 こんな悩みにお答えしていきます。 転職を考えたり今のキャリアに疑問があっ ...

40代からキャリアUPを目指すなら「JACリクルートメント」一択! アイキャッチ 2

JACリクルートメント 「経験やスキルを生かして年収UPを目指したい」「企業理念や文化に共感できる企業で働きたい」「ワークライフバランスを重視して働きたい」 こんな悩みにお答えしていきます。 40代に ...

-理想の上司