PR 管理職の役割

【引き止めない】退職する部下へ管理職がとるべき対応3選!見逃してはいけない3つの危険な兆候

【引き止めない】退職する部下へ管理職がとるべき対応3選!見逃してはいけない3つの危険な兆候 アイキャッチ

「部下の退職を引き止めないのは良いかな」
「他の社員の目も気になるな」
「退職する時にトラブっても困るし」
「とはいえ、部下の退職が続くのはマズイ」

こんな悩みにお答えしていきます。 

部下から退職の申し出をされる時は辛いですよね。

今の時代、余裕人員のある職場は少ないでしょう。

急な欠員となると、残ったメンバーの負担も増えます。

ふじた部長

本当は残って欲しいけど無理やり引き止めるのはどうなのかな?

管理職ならではの葛藤があると思います。

そこでこの記事では

  • 部下の退職を引き止めなくて良い理由
  • 退職を引き止めなくて良い部下の特徴
  • 部下の退職を引き止めない時の対応
  • 部下の退職を防ぐためにできること

を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、ワンランク上の管理職を目指しましょう。

40代が年収UPさせる方法

40代必須のスキルを習得する
まったく新しい実践形式のスクール! 40代の経験とスキルを活かして
生涯年収+3,000万円を生み出す! 経験豊富な40代だから
おすすめできる転職エージェント! 40代が人生を変えたいなら読書は最強の方法!

部下の退職を引き止めない理由3選

部下の退職を引き止めない理由3選

「少しお時間宜しいでしょうか」

仕事がひと段落した午後に急にそんなことを言われたことありますよね?

察しはつきますが、決して良い話ではありません。

とりあえず別室で話を聞くと、退職したいとのこと。

「本当は辞めて欲しくない」そんな気持ちは痛いほど解ります。

しかしこの段階では、引き止めないほうが良いでしょう。

ここでは、部下の退職を引き止めなくて良い理由を解説します。

  • 退職を申し出た時点で手遅れ
  • 部下の将来を一番に考えるべき
  • 業務に影響がない

​​ 一つずつみていきましょう。

1.退職を申し出た時点で手遅れ

管理職に退職の意を告げられた時は、引き止めなくてOKです。

ある程度覚悟を持って、申し出をしています。

退職理由にもよりますが、

  • 介護
  • 病気
  • 家の都合
  • 子どもの都合

といった場合だと、どうしようもありません。

週末の居酒屋で、愚痴を言っているレベルであれば、まだ引き止めることは可能です。

しかしこの段階になると引き止めずに、スムーズな退職と残った社員ケアを優先しましょう。

ずっと働きたいと思うような会社の雰囲気や待遇、管理職ができることを前向きに考えたいです

退職方法についての豆知識

それぞの退職方法について詳しく解説します。

特に「退職願」と「退職届」については全く理解されてない人も多いはずです。

・口頭
口頭での退職の意思表示は、会社が承諾すれば「退職願」同様に成立します。
とはいえ、必ず了承する必要はありません。

・退職願
「退職願」が提出場合、「口頭」での意思表示と同様にすぐに了承しなくてもよいです。
退職を撤回する可能性もあります。
しかし「退職願」が提出されてから2週間が経過すると退職が成立してしまうため、必要な場合は早急に部下と話し合いましょう。

・退職届
「退職届」を出された場合、会社からできることはありません。
「退職届」とは、社員からの一方的な雇用契約の解消を伝える書類です。
無理に引き留めようとすると、トラブルにつながる可能性もあるので注意しましょう。
ただ、部下が退職届の効力を正確に把握しておらず、「退職願」と勘違いしている可能性もあります。
一度確認してみてもいいでしょう。

2.部下の将来を一番に考えるべき

部下の将来を一番に考えて、何がベストかを考えましょう。

寄り添うような伴走と適切なフォローが大切です。

キャリアUPに挑戦することを望んでいるなら、素直に応援してあげましょう。

管理職になると、会社の都合を優先しがちです。

「業務命令」「会社都合」という便利なフレーズで、時に部下の人権を無視することもあるかもしれません。

最近は、体育会系で昭和的な管理職は少なくなりましたが、一部では生存が確認されています。

部下の退職は、管理職の評価にも関わるかもしれませんが、考えるべきは部下のこれからです。

3.業務に影響がない

部下が退職しても仕事に影響はないでしょう。

ふじた部長

僕の経験ですが、会社は坂道から転がる石みたいに進み続けます。

退職で一時的に人数が減ると忙しくなるかもしれません。

とはいえ、3ヶ月もすれば慣れるでしょう。

場合によっては、業務の整理や作業の効率化に繋がることもあります。

人の出入りのタイミングは部署の業務を見直す良い機会になるからです。

  • 誰がどんな業務をやっているか?
  • 負担は平等か?
  • 評価はキチンとされているか?

このあたりを再度確認してみましょう。

大きな声では言えませんが、あまり好きではなかったというパターンもあります。

下手に引き止めるよりは、スムーズに退職してもらうことを考えましょう。

退職を引き止めない部下5つの特徴

退職を引き止めない部下5つの特徴

会社やあなたにとって良い結果をもたらさない部下がいます。

ここでは、退職の申し出があっても引き止めなくて良い部下の特徴を解説します。

  • 不満が多い
  • 成績が悪い
  • 協調性がない
  • ルールを守らない
  • 退職をちらつかせていた

それぞれ詳しくみていきます。

1.不満が多い

愚痴や不満が多い部下は引き止める必要はありません。

負の感情は連鎖するからです。

周りの社員の士気にも影響がでます。

マイナスの感情の持ち主とは、日頃から距離を置くことをおすすめします。

管理職は、部署の雰囲気や士気はしっかり気にしておきましょう。

2.成績が悪い

仕事なので成果が求められます。

成績が悪い部下からの退職の申し出を引き止める必要はありません。

退職に至るまでにアドバイスや教育は必要ですが、向き不向きや運もあります。

全員が結果が出るわけではないことは、覚えておきましょう。

成績が悪くて退職という決断をした部下は、引き止めなくて良いです。

3.協調性がない

会社はチームプレイなので協調性が大切です。

とはいえ、昭和みたいに「会社のために身を粉にして働け!」というわけではありません。

しっかり他の社員への気遣いや気配りができることが大切です。

空気を読む能力ともいえます。

協調性がなく周りの社員とも上手くやれてないような人を引き止めようとは考えないでしょう。

4.ルールを守らない

会社には守るべき規則があります。

組織をまとめるには必要で、就業規則が典型例です。

とはいえ、中にはルールに従わない人もいます。

学校のクラスにも1人か2人はいたはずです。

管理職からみれば扱いづらいと思うでしょう。

退職の申し出があった時は引き止める必要はありませんので、スムーズな退職を考えましょう。

5.退職をちらつかせていた

不満が多い社員と似ています。

何か注意しても「自分はどうせ辞めるので」という態度の部下がいませんか?

本人の胸の内は、会社はクビにはできないという考えです。

管理職として、毅然とした態度で接しましょう。

このような態度では社内に居場所がなくなるのは時間の問題です。

前向きに成長を考えてないような社員は、今後一緒に働くのは厳しいでしょう。

部下の退職を引き止めない時の対応3選

部下の退職を引き止めない時の対応3選

顔色ひとつ変えずに退職の申し出が受理されると、それはそれで部下も悲しいでしょう。

ここでは、退職を引き止めない時、部下に気持ちよく退職してもらいたい時にすべきことを解説します。

  • とりあえず話を聞く
  • 少しだけ引き止める
  • 気持ちよく送り出す

順番に解説します。

1.とりあえず話を聞く

引き止める気がない部下とはいえ、一応話を聞きましょう。

改善できる点があれば、今後のマネジメントに生かすことができるからです。

決して、会社や自分の都合を表に出してはいけません。

待遇面等で会社の魅力が不足していることもあります。

退職したい気持ちはわかったので、今後の参考のため教えて欲しいという感じで聞いてみましょう。

日頃から部下とのコミュニケーションは大切です。

好かれる管理職は、何気ない雑談で部下の気持ちを掴みます。

コミュニケーション術は、社会人にとって必須です。

ふじた部長

管理職が身に付ければ、鬼に金棒と言えます。

自分は大丈夫と思っていても、実際は全くできていません。

正しく学ぶには、プロに教えてもらうのが近道!

そこでおすすめしたいのが、間心理と教育工学に基づいたスクールが「コミュトレ」です。

とはいえ「コミュトレ」って何?聞いたことないけど。

そんな人もいるでしょう。

実は「コミュトレ」は、10,000名以上が受講し、受講者の満足度は94%を誇るビジネスマンに人気の講座なんです。

あなたの会社にしる最近仕事の調子が良いあの人は「コミュトレ」を受講したかもしれません。

コミュニケーション力は、社会人にとって必須です。

まずは、90分の無料診断で、あなたの現状を把握してみましょう!

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

ふじた部長

スクールなんて面倒という人には、読書もおすすめです。

まずは通勤中の隙間時間を上手く活用して読んでみましょう!

ワンランク上のコミュ力が身に付く管理職におすすめ本を3冊厳選しました。

1.コミュニケーション大全

著書鴨頭 嘉人
出版社鴨ブックス

100万人を元気にしてきたYouTube講演家が、人間関係の悩みを解くコミュニケーションの極意を伝授します。

大人気講座の内容をふんだんに盛り込んだ、仕事・勉強・趣味あなたを夢の実現に導く第一歩となる希望の1冊。

2.雑談の一流、二流、三流

著書桐生 稔
出版社明日香出版社

雑談で関係性を築く方法には、人間の心理に基づいた決まったパターンがあります。

「なぜ人間関係がうまくいかなかったのか」その理由がわかり、「あなたと話していると楽しい」と言われる人に進化する一冊。

初めての登録なら30日は無料体験

Kindleに登録すれば、この本は無料で読める

3.世界最高の話し方

著書岡本 純子
出版社東洋経済新報社

あなたの人生も変わる「魔法のスキル」が凝縮、リモート時代「最強の武器」を身につきます。

もう話し方で悩まない!苦手意識もなくなる!誰とでもうまく話せる!仕事も人間関係もうまくいくようになる1冊。

初めての登録なら30日は無料体験

Kindleに登録すれば、この本は無料で読める

他にもおすすめの本はたくさんあります。

関連記事「ワンランク上のコミュ力が身に付く管理職におすすめ本12冊 」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

2.少し引き止める

「はい!ご苦労様でした」みたいにあっさり退職願いが受理されると、逆にびっくりします。

自分は会社に不必要な人間だったのだろうか?と考えてしまうでしょう。

本当は辞めて欲しかった部下の場合でも、少しは引き止めましょう。

とはいえ、引き止めすぎて気が変わってもらっても困るのでほどほどがポイント。

ふじた部長

「え?急にどうしたの?」

「まあそういうことなら、仕方ないね」

みたいな感じで、引き止めつつ引き止めないのがポイントです。

3.気持ちよく送り出す

辞めたいと言ってきた時点で、下手に引き止めず円満退職が一番です。

就業規則に従いスムーズな退職を促しましょう。

今さら下手に恨みを買うのはNGです。

引き止めずに辞める社員は、退職までいつも通り接しましょう。

ふじた部長

僕は部下から退職の申し出があったら、有給消化を考えます。

辞める前提だと仕事も身が入らないからです。

他の社員の士気にも関わるので、最低限の引き継ぎはお願いしますが、基本有給にしてあまり出社して欲しくはありません。

残された社員を今後どのようにマネジメントするかを考えましょう。

部下の退職を防ぐためにできること3選

部下の退職を防ぐためにできること3選

引き止めなくても良い部下もいますが、優秀な部下が退職するのは困りますよね。

ここでは、部下の退職を防ぐために日頃から気を付けたいことを解説します。

  • 積極的なコミュニケーション
  • キャリア設計やスキルアップ支援
  • 待遇の改善と評価基準の明瞭化

一つずつみていきましょう。

1.積極的なコミュニケーション

風通しが悪い会社では働きたくありません。

仕事なので、いつも和気あいあいという訳にはいかないでしょう。

とはいえ、

  • 上司がいつもイライラしている
  • 日常会話がない(できない)
  • 小さなもミスも許されない

そんな雰囲気では良い仕事はできません。

日頃からウザくない程度のコミュニケーションを心がけたいです。

コミュニケーションが苦手な上司については、関連記事「【部下とのコミュニケーションが苦手!】管理職向け!嫌われない接し方と話し方」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

とはいえ、自分ではどうしたら良いかわからない。

ふじた部長

「ブログ記事を読んでコミュニケーション力が身に付くなら、僕はもう社長ですよ!」

そんな人もいるでしょう。

登録は無料なので、とりあえず話だけでも聞いてみましょう!

今まで色々な事を先送りにして今に至っているんです。

少しでも変えていきたいと思ったら行動しましょう!

コミュニケーション力が上がれば、部下との関係も良くなり、仕事で成果もでます。

年収も上がり、旅行にいったり、美味しい物を食べたりできるでしょう。

でも全てのはじまりは、今行動することなんです。

ここで行動しないと、恐らく一生今のままでしょう!

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

2.キャリア設計やスキルアップ支援

部下には、良い未来を見せる必要があります。

会社や業界の将来性も大切ですが、部下本人がどのようになれるかが重要です。

終身雇用が終わりを迎えた現代は、スキルやキャリアを重視します。

この会社で何を学べるか?どんなスキルが身に付くか?と考えます。

上司の姿が自分の未来の姿です。

理想のキャリアやスキルアップができるよう整えましょう。

理想の上司については、関連記事「【誰もが憧れる】理想の上司の特徴!ダメな管理職にならない為のポイント」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

3.待遇の改善と評価基準の明瞭化

評価基準を明確にして公平な評価をしましょう。

不満をこぼさないことを良いことに、仕事ができる人ばかりに業務が集中していませんか?

今まで黙って仕事をしていた部下が急に退職なんてこともあります。

日頃から目配り気配りは大切です。

1人で頑張っているような部下には、しっかり労いの言葉を掛けたり、ボーナスの査定で評価したりしてあげましょう。

頑張り損にならないような評価制度を整備する必要があります。

労働安全衛生法が改正され、2015年12月から労働者が50人以上いる事業所では、毎年1回ストレスチェックが義務化されました。

部下が日常的にどの程度ストレスを感じているか判断する良い指標になるでしょう。

参照:ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等

部下の退職を防ぐにはコミュ力必須

部下の退職を防ぐにはコミュ力必須

「思っていることをうまく伝えられない」
「人と話すことに苦手意識がある」
「大勢の前だとうまく話せない」
「相手の思いをくみ取ることができない」
「多人数での会話に入れない」

サラリーマンであれば、誰でも1度は悩んだことあるでしょう。

コミュニケーション力は、全社会人必須のスキルです。

コミュニケーション能力(伝える力)は、性格やセンスで決まるものだと思っていませんか?

ふじた部長

実は、違うんです!

正しい手法で学べば、誰もが着実に伝える力を向上させることができます。

正しく学ぶには、プロに教えてもらうのが近道!

そこでおすすめしたいのが、人間心理と教育工学に基づいたスクール「コミュトレ」です。

「コミュトレ」では多種多様なコースから、あなたの仕事に合った内容を自由に組み合わせて学ぶことができます。

具体的には、下記のようなコースがあり実践形式で進めます。

  • 上司への報告・説明力
  • 会議での論理的な話し方
  • 営業で成果を上げる話し方
  • 人間関係を築く話し方
  • 複数人の前での話し方
  • マネジメントでの話し方

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

とはいえ「コミュトレ」って何ですか?聞いたことないけど。

そんな人もいるでしょう。

「コミュトレ」は、10,000名以上が受講し、受講者の満足度は94%を誇るビジネスマンに人気の講座です。

あなたの会社の最近調子が良いあの人は「コミュトレ」を受講したかもしれません。

コミュニケーション力は、社会人にとって必須です。

まずは、90分の無料診断で、あなたの現状を把握してみましょう!

無料診断を受ければ明確にできます。

  • 自分の強みとスキルを可視化
  • 自分の理想に適したスキル

スキルが上がれば年収も自然と上がります。

憧れのマイホームや車、旅行などの趣味の幅も広がるでしょう!

奥さんやお子さんの喜ぶ顔が目に浮かびませんか?

もし独身なら、自分のためにもっとお金を使えます!

まずは自分を知るというスタンスで全然OKです!

僕のブログの読者さんに、明日になって「昨日登録しておけば良かった」なんて後悔して欲しくありません。

1人でも多くの悩める管理職を救うのが目的です。

無料なので、デメリットはありません。

「自分」「家族」「会社」全ての幸せを目指すなら、今行動するしかありません!

今日が一番若い日です!

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

-管理職の役割