PR 管理職とは

【管理職の労働時間】把握が義務化!あなたの会社は大丈夫?管理職歴17年の僕が徹底解説

【管理職の労働時間】把握が義務化!あなたの会社は大丈夫?管理職歴17年の僕が徹底解説 アイキャッチ

「管理職の労働時間の取り扱いを知りたい」
「残業代って出るのか知りたい」
「管理職のメリットってあるのか知りたい」
「長時間働きたくはないな」

こんな悩みにお答えしていきます。 

管理職としての成功を目指す人のために、効果的な労働時間の管理に焦点を当てます。

多くの管理職が直面する悩みや疑問に具体的な解決策を提供し、ワークライフバランスを整える秘訣をお伝えします。

管理職にとって労働時間の取り扱いは重要です。

その中でも残業代や管理職のメリットは特に注目されるテーマでしょう。

実際の事例を紹介しながら、効率的で充実した働き方を実現するポイントを徹底的に解説していきます。

また、長時間労働に対する不安やストレスへのアプローチも紹介。

管理職としてのキャリアを築く中でのハードルや課題を踏まえ、成功に導くためのアドバイスをお教えします。

ふじた部長

より充実した管理職ライフを手に入れるためのヒントになるでしょう。

そこでこの記事では

  • 労働時間と管理職の種類の関係
  • 管理職の労働時間把握義務化と注意点
  • 管理職の残業時間を減らす方法
  • 労働時間から考える管理職のメリット
  • 労働時間に不満がある管理職は行動

を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、ワークライフバランスを整えて有意義な人生を目指しましょう。

▼本文を読む前に

「思っていることをうまく伝えられない」
「人と話すことに苦手意識がある」
「大勢の前だとうまく話せない」
「相手の思いをくみ取ることができない」
「多人数での会話に入れない」

サラリーマンであれば、誰でも1度は悩んだことあるでしょう。

コミュニケーション力は、全社会人必須のスキルです。

コミュニケーション能力(伝える力)は、性格やセンスで決まるものだと思っていませんか?

ふじた部長

実は、違うんです!

正しい手法で学べば、誰もが着実に伝える力を向上させることができます。

手っ取り早く身につけたいなら、スクールに入ることが一番の近道!

そこでおすすめしたいのが、人間心理と教育工学に基づいたスクール「コミュトレ」です。

「コミュトレ」では多種多様なコースから、あなたの仕事に合った内容を自由に組み合わせて学ぶことができます。

具体的には、下記のようなコースがあり実践形式で進めます。

  • 上司への報告・説明力
  • 会議での論理的な話し方
  • 営業で成果を上げる話し方
  • 人間関係を築く話し方
  • 複数人の前での話し方
  • マネジメントでの話し方

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

とはいえ「コミュトレ」って何ですか?聞いたことないけど。

そんな人もいるでしょう。

「コミュトレ」は、10,000名以上が受講し、受講者の満足度は94%を誇るビジネスマンに人気の講座です。

あなたの会社の最近調子が良いあの人は「コミュトレ」を受講したかもしれません。

コミュニケーション力は、社会人にとって必須です。

まずは、90分の無料診断で、あなたの現状を把握してみましょう!

無料診断を受ければ明確にできます。

  • 自分の強みとスキルを可視化
  • 自分の理想に適したスキル

スキルが上がれば年収も自然と上がります。

憧れのマイホームや車、旅行などの趣味の幅も広がるでしょう!

奥さんやお子さんの喜ぶ顔が目に浮かびませんか?

もし独身なら、自分のためにもっとお金を使えます!

まずは自分を知るというスタンスで全然OKです!

僕のブログの読者さんに、明日になって「昨日登録しておけば良かった」なんて後悔して欲しくありません。

1人でも多くの悩める管理職を救うのが目的です。

無料なので、デメリットはありません。

「自分」「家族」「会社」全ての幸せを目指すなら、今行動するしかありません!

今日が一番若い日です!

まずは登録して無料診断を受ける/

【コミュトレ】

40代が年収UPさせる方法

40代必須のスキルを習得する
まったく新しい実践形式のスクール! 40代の経験とスキルを活かして
生涯年収+3,000万円を生み出す! 経験豊富な40代だから
おすすめできる転職エージェント! 40代が人生を変えたいなら読書は最強の方法!

労働時間と管理職の種類の関係

労働時間と管理職の種類の関係

管理職の労働時間を理解するには、管理職と管理監督者の違いを知ることが重要です。

一般労働者と比較して、管理監督者は業務の裁量が大きく、その影響で勤怠管理には特別な注意が必要になります。

  • 管理職と管理監督者の違い
  • 管理監督者と一般労働者との違い
  • 36協定で管理職となる4つの基準

 一つずつみていきましょう。

1.管理職と管理監督者の違い

労働時間の理解において、管理職と管理監督者の違いを把握することが第一歩です。

  • 管理職:組織の中で戦略的な意思決定や方針の策定に携わる
  • 管理監督者:日々の業務の監督や指導に従事する

ある企業の2人の社員を例に見てみましょう。

社員Aは優れた業績を上げ、管理職への昇進が決まりました。

彼は今までの業務を超えて、組織戦略や方針の策定に携わります。

一方で、社員Bは管理監督者に昇進し、日々の業務の指導や監督を通じて、部下たちを育てることが仕事です。

管理職は戦略的なポジションで組織の未来を築く存在、管理監督者は現場での業務を効率的に進め部下たちを指導する存在といえます。

それぞれ役割が違い、どちらも組織にとって重要な存在です。

2.管理監督者と一般労働者との違い

管理職の労働時間を理解するには、一般労働者との違いを知ることが大切です。

たとえば、製造業の一般従業員であるAさんは、定時に業務を終え残業も限りなく少ない状況でした。

しかし、同じ製造現場でチーフエンジニアは、プロジェクトの進捗に応じて柔軟な労働時間を確保し、成果を上げていました。

場合によっては、部下に残業を要請することもあるでしょう。

管理職は、業務の裁量が大きく企業や部署の戦略に深く関与する為、一般労働者と比べて柔軟な働き方ができます。

ふじた部長

自身の役割や業務に応じて労働時間を柔軟に調整し、組織の目標に向けて効果的な働き方を実現しましょう。

3.36協定で管理職となる4つの基準

36協定において、管理職と判断されるためにはいくつかの基準があります。

36協定で管理職となる4つの基準は下記の通りです。

  • 経営に関わる職務内容である
  • 一部の業務に関して経営者と同等の権限を持っている
  • 労働時間を自分の裁量で決定できる
  • 職務相応の賃金を得ている

たとえば小売業の店長は、経営に関わる職務内容です。

商品の仕入れからスタッフの管理まで幅広い業務を担当しており、その職務内容が経営に密接に関わっているような場合に該当します。

製造業の生産現場責任者の様な職種は、生産計画の立案や品質管理において、経営者と同等の権限を行使しています。

また、労働時間を自分の裁量で決定できることも基準の一つです。

IT企業のプロジェクトリーダーは、プロジェクトの進捗状況に応じて柔軟な労働時間を確保し、効果的なマネジメントを行っています。

4つ目に、役職手当等で他の一般従業員と比較して、職務相応の賃金を得ていることが求められます。

36協定における管理職の基準は、経営に関わる職務、同等の権限、労働時間の自己裁量、職務相応の賃金の4つの基準があります。

管理職の労働時間把握義務化と注意点

管理職の労働時間把握義務化と注意点

2019年4月から、企業において管理監督者の労働時間の把握が義務化されました。

これは従来の勤怠管理の枠を超え、管理職においても働き方改革が進む中での重要な変化です。

  • 労働時間を把握する必要性
  • 管理職の残業時間の上限規制
  • 管理職の勤怠管理をする際の注意点
  • 産業医の面接指導制度
  • 管理職が残業代を請求する手順

それぞれ詳しくみていきます。

1. 労働時間を把握する必要性

管理職の労働時間を把握することは、様々な側面から会社にメリットがあります。

社員の働き方を正確に把握することで、効率的な業務遂行やワークライフバランスの向上が期待できるからです。

モチベーション向上や生産性の向上に寄与します。

義務化された労働時間把握に伴い、産業医の面接指導制度も設けられました。

過重労働やストレスの原因を早期に発見し、適切な対策を講じるための仕組みです。

ふじた部長

管理職も定期的な面談を通じて、健康状態や働き方についての相談ができるようになります。

管理職の労働時間把握の義務化は、働き方改革の一環として企業において進む重要な動きです。

従業員のワークライフバランスの向上や効果的な業務遂行に寄与できます。

2.管理職の残業時間の上限規制

管理職の労働時間にはいくつかの重要なルールが存在します。

管理監督者の労働時間には上限規制がないため、業務の特性により長時間労働が発生しやすい状況です。

休憩時間についても注意が必要になります。

業務の中断が難しいケースが多く、十分な休息が取りにくいからです。

ふじた部長

休息の大切さを理解した上で、休憩時間をしっかり確保する工夫が必要でしょう。

管理監督者には残業代が出ないという現実がある為、時間を有効活用し、業務の効率化を図ることが求められます。

また名ばかりの管理職でなく、実質的なリーダーシップを発揮することが重要です。

法律の改正に基づき、管理職にも労働時間の把握が義務化されました。

これにより、管理職も自身の働き方を客観的に見つめ、働き方改革に前向きに取り組むことが期待されます。

まとめになりますが、管理職の労働時間には上限規制がないため、自己管理が求められます。

休息の確保や業務の効率化、法改正への対応が成功の鍵でしょう。

これから管理職はこれらのポイントを意識し、健康で持続可能なキャリアを築いていくことが大切です。

管理職の休めない辛い状況ついては、関連記事「【休めない】管理職に休憩時間はないのか?ヤバイ会社から早めに逃げよう!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

3.管理監督者の勤怠管理の注意点

管理職としての労働時間を理解する上で、管理監督者の勤怠管理の注意点を把握することが必要です。

製造業の生産現場を管理する課長は、製品の生産計画や品質管理に追われていました。

しかし、彼は部下とのコミュニケーションを大切にし、週次ミーティングを導入することで、業務効率を向上させながら労働時間を適正に保っています。

管理監督者は部下の指導や業務の進捗確認が求められるため、柔軟な働き方が求められます。

ふじた部長

その一方で、業務の特性により長時間の勤務が発生しやすいため、メリハリを持って働くことが重要です。

週次のスケジュール管理を導入することで、適切な勤怠管理が可能になります。

管理職としての労働時間を適正に保つためには、管理監督者としての業務特性を理解し柔軟かつ効果的な働き方を心がけることが不可欠です。

週次のミーティングやスケジュール管理など、効果的な勤怠管理手法を取り入れつつ、組織の目標に向けて効果的に働きましょう。

管理職のブラックな働き方で疲れている人については、関連記事「【疲れますよね】1人ブラックな管理職!疲弊して病む前に逃げる準備はしておこう!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

管理職の残業時間を減らす方法

管理職の残業時間を減らす方法

管理職の残業時間削減には、組織全体での取り組みが必要です。

  • 組織風土の意識改革
  • 業務状況の把握
  • システムの導入による業務効率化

順番に解説します。

1.組織風土の意識改革

管理職の残業時間を削減するためには、まず組織風土の意識改革が必要です。

古い慣習や文化に縛られず新しい働き方を受け入れましょう。

たとえば、現代はメンバーとの円滑なコミュニケーションが大切なので、僕の知人はリーダーとして働く中で、週一回のミーティングで進捗を共有してます。

こうした組織風土の変革で、チームは効率的な業務遂行に向けてオープンになり、結果として残業時間が減りました。

組織の中での変化の重要性を理解し、管理職自ら柔軟で効果的な働き方を模索する必要があります。

2.業務状況の把握

また業務状況を効果的に把握することも不可欠です。

プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで可視化できる管理ツールの導入が良いでしょう。

メンバー全員がタスクの進捗を把握しやすくなり、タイムリーなサポートやリソースの調整が可能になります。

業務状況の把握により、無駄な作業や優先順位の誤りがなくなり、計画的な業務遂行が可能です。

業務状況を適切に把握することで、残業時間の削減につながります。

3.システムの導入による業務効率化

管理職が残業時間を削減するためには、システムの導入が一つの解決策となります。

たとえば、勤怠管理システムの導入は労働時間を正確に把握し、業務の透明性を高めるには効果的です。

コロナ渦の在宅勤務時にも活用された、PCの使用ログ確認も業務の進捗状況や作業時間の分析に役立つでしょう。

オーソドックスな方法ですが、タイムカードの利用も一つの手段といえます。

従業員が自身の作業時間を正確に記録することで、業務の透明性が向上し、残業への意識を促すことができます。

厚生労働省が2021年9月に実施した「毎月勤労統計調査」の結果によると、日本の平均残業時間は9.4時間となっています。

しかし、これは一部の優良企業の話で、実際はもっと多いでしょう。

労働時間から考える管理職のメリット

労働時間から考える管理職のメリット

管理職は、責任ばかり重く全くメリットを感じない。

そんな意見もあると思います。

ここでは、労働時間から考える管理職のメリットを解説します。

  • 労働時間からの解放
  • 自分の采配次第
  • 労働者として権利はある

一つずつみていきましょう。

1.労働時間からの解放

管理職になると労働時間から解放されます。

会社の業績を最大化させることが一番の目標になるからです。

「それなら毎日社長出勤してもOKですか?」

そんな質問がありそうですが、会社には始業時間がありますし、そもそもそんな人に部下は付いてこないでしょう。

とはいえ、家族の用事等で仕事を抜けたりしやすいのは事実です。

2.自分の采配次第

管理職がどう采配するかで、仕事の分配は決まります。

日本の多くは、プレイイングマネージャーで、自身も仕事をしています。

これには、評価制度が大きく関わっていて、マネジメント能力よりも販売や営業の実績を重視する傾向にあるからです。

忙しすぎて、本来するべき管理業務がおざなりになるという話もよく聞きます。

仕事を全くしないのはNGですが、管理職として自分がするべき仕事を見定めたいです。

3.労働者として権利はある

当然ですが、管理職もいち労働者です。

一般の社員と同じ権利があります。

たとえば、深夜手当や有給休暇の権利です。

悪質な企業では、管理職という名目で深夜手当を支給しない例もあります。

管理職は責任は確かに重いです。

ふじた部長

とはいえ、労働時間の自由や采配する力を持ちつつ、通常の労働者としての権利があるのはメリットでしょう。

労働時間に不満がある管理職は行動

労働時間に不満がある管理職は行動

管理職になると「会社のため」という正義の元、不当なブラック労働に陥るケースがあります。

違和感が大切で、今の感じで大丈夫かな?みたいに感じたら行動しましょう。

  • 残業代を請求する
  • 転職を検討する
  • 本で勉強する

それぞれ詳しくみていきます。

1.残業代を請求する

管理職でも残業代の請求は可能です。

名ばかり管理職が実質的な業務を担っている場合、残業代の不支給は違法行為にあたります。

以下が、名ばかり管理職が残業代を請求する手順の一般的な流れです。

1.自分が名ばかり管理職である証拠を集めるまず実際に業務を担当しているかどうかの証拠を集める
たとえば、業務内容やメールのやり取り、会議の出席記録などを収集
名ばかりの実態を裏付けることができる
2.残業代の支払いの催告をするある程度証拠が揃ったら、会社に対して残業代の支払いを求める催告
具体的な請求金額を明確に要求し、相手方に対処を促す
3.残業代の計算残業代は、労働時間や労働条件に基づいて正確に計算できる
下記サイトでは、必要項目を入力するだけであなたの残業代が計算可能
参照:残業計算機
4.交渉会社側は請求された残業代に対して異議を唱えるかもしれません
公平な交渉を試みて、解決策を模索
5.労働審判・訴訟交渉が決裂する場合、労働審判や訴訟を検討
これは最後の手段で、法的な専門家の助言を仰ぎつつ進めるべき

名ばかり管理職が残業代を請求するには、事実を証明し、法的手続きを踏む必要があります。

冷静かつ効果的な対応が、正当な権利の確保につながるでしょう。

弁護士への相談は、さすがに気が引けるという人は、労働基準監督署への相談もおすすめです。

参照:全国労働基準監督署の所在案内

2.転職を検討する

社会人はみんな悩みを抱えています。

しかし40代になると背負うものが増えてくるので、簡単に仕事環境を変えるのが難しいと感じます。

結果我慢を続けて、メンタルを病む人が後を絶ちません。

ふじた部長

真面目な人ほどストレスに耐え続けて、メンタルを病んでしまい廃人のような40代を過ごしてしまいます。

年齢を重ねるにつれ、本音で話せる相談相手が少なくなったと実感しませんか?

転職エージェントの担当者であれば、現状の悩みや今後のキャリアを相談できます。

今すぐに転職の意志がなくても問題ないので、悩みがあれば是非一度相談してみてください。

もしあなたが、今の職場に不満があるようなら一緒に解決の糸口を見つけてくれます。

もしかしたら、転職はベストな選択ではなく在職がベストかもしれません。

JAC リクルートメント」なら、登録は無料で強引に転職を勧められることは決してありません。

自分のキャリアプランを相談できる安心のエージェントで、担当者と10年以上の付き合いの人もいます。

「JAC リクルートメント」の強み

  • 40代に圧倒的におすすめ
  • 30年以上の歴史と43万人以上の転職実績
  • キャリアUPする転職のみ提案
ふじた部長

とりあえず話を聞いてもらう、みたいなスタンスでOKです!

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

3.本で勉強する

会社に要求したり、転職したりするのは気が引ける。

そんな人は、本を読んで勉強してみましょう!

成功者の多くは、読書家が多いからです。

読書習慣には人生を変える力があります。

何を読んで良いか分からない人も安心してください。

管理職に読んで欲しい本を、関連記事「【2024年最新版】管理職におすすめ本!500冊以上読んだ会社員が完全網羅!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

-管理職とは