☟40代は人生最大の分かれ道!☟

PR 管理職とは

【管理職に向いている人】特徴と自己分析の方法を徹底解説!必要なスキルと資質

【管理職に向いている人】特徴と自己分析の方法を徹底解説!必要なスキルと資質 アイキャッチ

「自分にはリーダーシップがない」
「責任が大きく、プレッシャーを感じる」
「人間関係のトラブルに対処するのが苦手」
「部下とのコミュニケーションが不安」

こんな悩みにお答えしていきます。

管理職に向いているかどうかわからないと悩みを抱えている人は多いです。

しかし、管理職になることは、自分自身の成長やキャリアアップにつながる重要な選択肢でしょう。

ふじた部長

管理職には、リーダーシップ、コミュニケーション能力、問題解決能力、責任感、人間関係構築能力、ビジネス戦略の理解など、幅広いスキルや資質が求められます。

そこでこの記事では

  • 管理職に向いている人の資質
  • 管理職に向いていない人の特徴
  • 管理職の適性を判断する方法

を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、自分が管理職に向いているかチェックしてみましょう。

40代が年収UPさせる方法

40代必須のスキルを習得する
まったく新しい実践形式のスクール! 40代の経験とスキルを活かして
生涯年収+3,000万円を生み出す! 経験豊富な40代だから
おすすめできる転職エージェント! 40代が人生を変えたいなら読書は最強の方法!

管理職に向いている人7つの資質

管理職に向いている人7つの資質

管理職には、たくさんのスキルや資質が求められます。

こちらでは、管理職に必要なスキルや資質を解説します。

  • 組織力
  • 柔軟性
  • 決断力
  • 問題解決能力
  • モチベーション管理
  • コミュニケーション能力
  • タイムマネジメント能力

それぞれ詳しくみていきます。

1.組織力

管理職には、部署やチームを組織し運営する能力が求められます

ふじた部長

そのため、チームビルディングのスキルが必要となります。

チームビルディングとは、チームメンバーの強みを引き出しチーム全体が協力し合って目標を達成するための方法です。

組織力には、予算の管理、プロジェクトの管理、人材の配置や育成が含まれます。

2.柔軟性

管理職には、変化する環境や要求に対応する柔軟性が求められます。

近年のビジネスシーンは、移り変わりが早いからです。

ふじた部長

「10年ひと昔」なんて言葉がありましたが、今は10年では大昔になります。

時代に求められていることに対応し続けなければ、厳しい現代を生き残るのは難しいです。

3.決断力

管理職には、迅速かつ正確な判断を下し決断をする能力が求められます。

ふじた部長

リーダーが決断しなければ仕事が前に進まないからです。

リスクを考慮し、データを分析し、総合的に判断する必要があります。

4.問題解決能力

管理職には、問題を見つけ、解決策を提供する能力が求められます。

管理職をやっていると実に様々な問題に直面することがあります。

そのため、問題解決のスキルが必要となります。

ふじた部長

問題解決能力とは、課題を分析し、問題の根本原因を特定し、解決策を立力のことです。

問題解決には、分析力や判断力、創造的な発想力が必要です。

5.モチベーション管理

管理職には、部下をモチベーションを高め、自己成長能力が求められます。

モチベーション管理には、目標設定やフィードバック、ポジティブな態度の伝え方も含まれます。

部下のモチベーションに悩んでいる人は、関連記事「【成果に繋がる】部下のやる気を上げたい!管理職が頭を悩ますモチベーション管理」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

6.コミュニケーション能力

管理職には、部下や上司、取引先との交渉やコミュニケーションができる能力が求められます。

上手なコミュニケーションには、説明力や聴取力、フィードバックの能力も含まれます。

ふじた部長

様々なコミュニケーションを取りながら、業務を処理する必要があります。

自分の意見を明確に表現し、相手の意見にも耳を傾けることが大切です。

コミュニケーションが苦手な人は、関連記事「【部下とのコミュニケーションが苦手!】管理職向け!嫌われない接し方と話し方」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

7.タイムマネジメント能力

管理職には、複数のタスクやプロジェクトを同時に管理し、優先順位を設定し、時間内に完了する能力が求められます。

部下にダラダラと残業させてばかりでは、部下も疲弊してしまいます。

仕事の内容と必要な時間を把握することがポイントです。

ふじた部長

適切に人員を配置したり、仕事量をコントロールしたりして、上手くタイムマネジメントしましょう。

理想の上司については、関連記事「【誰もが憧れる】理想の上司の特徴!ダメな管理職にならない為のポイント」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

管理職に読んで欲しい本を、関連記事「【2024年最新版】管理職におすすめ本!500冊以上読んだ会社員が完全網羅!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

管理職に向いていない人3つの特徴

管理職に向いていない人の3つの特徴

ここでは、管理職に向いていない人の特徴について解説します。

管理職には、部下や上司とのコミュニケーションを円滑に行い、組織の目標達成に向けて自分自身を成長させ、変化や課題に対応することが求められます。

今は管理職に向いてなくても自己改善を行うことで、管理職に向いた人材として成長することができるでしょう。

  • 感情的な人
  • 自己中心的な人
  • モチベーションが低い人

順番に解説します。

1.感情的な人

ストレスやプレッシャーを感じたときに、感情的になってしまう人です。

冷静さや客観性を欠き、物事を客観的に見ることができません。

ふじた部長

冷静に判断する力が必要な管理職には向いていません。

2.自己中心的な人

マイペースで自己中心的な人は向いていません。

たとえば、自分の意見や考えが正しいと信じ込んでいる人が当てはまります。

ふじた部長

他人の意見を聞かず、自分のやり方で物事を進めようとする傾向がある人は、チームワークやコミュニケーションをつかむことができません。

上司や部下との信頼関係を構築することができないため、管理職に向いていないと断言します。

3.モチベーションが低い人

やる気やモチベーションが低い人は管理職に向いていません。

たとえば、目標や成果に向けて積極的に取り組もうとしない人です。

ふじた部長

自分自身が成長したい意欲が低いため、部下のモチベーションを上げることができません。

結果的に組織の目標達成につながらないあります。

管理職の適性を判断する3つの方法

管理職の適性を判断する3つの方法

管理職に向いているか判断するためには、自己分析が必要です。

ここでは、自己分析の方法やアプローチを紹介します。

  • SWOT分析
  • 管理職に向いている人チェックポイント
  • ゲーム感覚で本当の自分に出会えるアプリ

1.SWOT分析

自己分析は自分自身を客観的に分析することで、管理職に向いているかどうかを判断するために役立ちます。 

SWOT分析は、自分自身の強み・弱み・機会・予言を洗い出し、自分自身の特性を客観的に分析する手法です。

自分自身の内部環境を分析するだけでなく、外部環境の分析も合わせて行います。

SWOTの4つの要素は下記の通りです。

Strength(強み)自社や自社商品の長所や得意とするところ。
内部環境のプラス要素。
Weakness(弱み)自社や自社商品の短所や苦手とするところ。
悪影響を及ぼすと考えられる内部環境のマイナス要素。
Opportunity(機会)社会や市場の変化などにより、自社や自社商品にとってプラスに働く外部環境のプラス要素。
Threat(脅威)社会や市場の変化などにより、自社や自社商品に悪影響を及ぼすと考えられる外部環境のマイナス要素。

内部環境と外部環境、機会と脅威などの両側面に目を向けることで、客観的に全体の状況を捉えて分析できる点がメリットです。

実際に分析してみたい人は、Excel版をダウンロードできます。

»SWOT分析テンプレート | 無料エクセル・パワーポイント

2.管理職に向いている人チェックポイント

管理職に向いているかどうかを判断するためのポイントを表にまとめました。

必要な能力✅チェックポイント
コミュニケーション力✅上司、部下、仲間など、様々な人と取引にコミュニケーションがとれるか?
リーダーシップ力✅チームや展開をまとめ、目標を導くことができるか?
問題解決力✅問題や課題に対して迅速かつ適切に対処できるか?
決断力✅複雑な状況下でも正しい判断を下し、決断することができるか?
戦略的思考力✅中長期的な状況とともに、ビジネス戦略やプロジェクト計画を立てることができるか?
組織理解力✅企業のビジョンやミッションを理解し、組織のあり方や構造を把握しているか?
成果志向力✅目標達成のために自ら努力し、チームや展開を推進することができるか?
変化への適応力✅環境や市場の変化に敏感で、柔軟に対応することができるか?
責任能力✅仕事に対して真摯に向き合い、責任を持って行動できるか?
学習能力✅新しいことに挑戦し、積極的に学び続ける意欲があるか?

これらのポイントは、管理職に求められるスキルや資質に関連しています。

自己分析の際、上記のポイントについては自己評価を行い、自己の強さや課題を把握することが大切です。

3.自分の市場価値を知る

ミイダス

スマホを使って、ゲーム感覚で本当の自分に出会えるアプリ知ってますか?

テレビCMやSNSで話題の転職アプリ「ミイダス」のことです。

「ミイダス」は「doda」を運営するパーソルホールディング株式会社が運営していて、300,000社以上が利用しています。

独自の「可能性診断」によって、個性や行動特性などさまざまな項目を細かく分析して、自分に合ったしたスカウトを受け取ることができるのが特徴です。

ふじた部長

自分の正しい価値と特性をしっかり把握できれば、あなたにピッタリの仕事を見つけることができます。

採用する企業側の求めている人材に直接オファーされるので、ミスマッチを大幅に防ぐことができるのが特徴です。

しかもアプリなので、隙間時間を利用してゲーム感覚で様々な診断を受けることができます。

「ミイダス」の特徴は下記の通りです。

  • あなたの市場価値を見いだす「市場価値診断」
  • あなたの行動特性を見いだす「コンピテンシー診断」
  • あなたの認知バイアスを見いだす「バイアス診断ゲーム」

一つずつ見ていきましょう。

1.市場価値診断

登録時の入力データをもとに、「あなたに類似したユーザーの年収実績」「あなたに興味がある企業数」が算出されます。思った以上の年収とオファーにびっくりする人も多いです。

今すぐには転職の予定がない人も、現在の市況を知るだけでも価値があります。

2.コンピテンシー診断

コンピテンシーとは行動特性のことです。

あなたにとって適性が高い職種、マネジメント資質、相性の良い上司・部下など、ビジネスパーソンとしてのコンピテンシー(行動特性)を分析します。

ふじた部長

細かく分析できるので、自分の意外な一面に気が付くことができるかもしれません。

ストレスを感じやすい条件や環境を診断できるのは、転職の失敗を未然に防ぐ意味でも有効です。

3.バイアス診断ゲーム

思考の偏りや思い込みによって非合理的な判断をしてしまう現象である「認知バイアス」を測定できる日本初の診断ゲームです。

特に日本人が周りに流されやすいので「本当は反対だったのに周りの意見に流されて賛成した」なんてことありますよね。

「バイアス診断ゲーム」では、直感や思い込み、経験、感情などの先入観によって合理的でない意思決定をしてしまう癖を診断します。

診断結果からコントロールするためのコツをアドバイスも付いているので、転職に限らず普段の生活にも役立ちます。

ふじた部長

全22項目をしっかり分析するため、所要時間は40分程度(20分×2回)ですが、途中で中断して、後日そこから再開することもできるので安心です。

実際に転職をしなくても、自分の市場価値や性格を知っておいて損はありません。

5分で無料登録可能なので、あなたのスマホの向こうに新しい可能性が見いだしましょう。

\あなたの市場価値って実はかなり高い/

ミイダス登録プロモーション

管理職スキルを生かして年収UP

JAC Recruitment

「経験やスキルを生かして年収UPを目指したい」
「企業理念や文化に共感できる企業で働きたい」
「ワークライフバランスを重視して働きたい」

40代になると背負うものが増えてくるので、簡単に仕事環境を変えるのが難しくなります。結果我慢を続ける人が後を絶ちません。

ふじた部長

ストレスに耐え続けた結果、メンタルを病んでしまい屍のような50代を過ごす人もいます。

年齢を重ねるにつれ、本音で話せる相談相手が少なくなったと実感しませんか?

転職エージェントの担当者であれば、現状の悩みや今後のキャリアを相談できます。

今すぐに転職の意志がなくても問題ないので、是非一度相談してみてください。

40代にオススメの転職エージェントなら、「JAC リクルートメント」一択です。

自分のキャリアプランを相談できる安心のエージェントで、担当者と10年以上の付き合いの人もいます。

「JAC リクルートメント」の強み

  • 総勢約800名のコンサルタントが国内大手、外資系、海外進出企業への転職をサポート
  • 年間約6万7,000人の方が転職サポートに登録実績、そのほとんどが30代以上
  • サービスクオリティを重視したサービスによる高い満足度

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

数ある転職エージェントのなかでも、企業と求職者の双方を一人のコンサルタントが担当するコンサルティングを導入していて、コンサルタントの優秀さは折り紙付きです。

常にスピードを持ちながら誠意と真摯な姿勢を重視した対応から、知⼈・友⼈にすすめたい転職エージェントと答えた人が利用者の94.7% と高い評価を得ています。

ふじた部長

サービスクオリティの高さもハイキャリアにピッタリのエージェント。

大手転職エージェントは対象年齢が若手向きなものが多いので、年齢が上がるにつれて転職活動が難しくなる傾向があります。

実際に登録しても、紹介できる案件がないと言われることも多いです。

「JAC リクルートメント」であれば40代を対象にしているので安心して登録してください!

今後のキャリアに迷う選択についても、

  • マネジメント能力を活かした管理職か?
  • スキルを活かした専門職か?

親身になって対応してくれます。

キャリアアップ、年収アップの両方を目指していくのも、他のエージェントとの違いで、遠慮しがちな年収交渉も一手に引き受けてくれます。

コンサルタントは、企業に直接訪問しており、各企業の雰囲気や特徴を熟知しているので転職側にも企業側にも満足度の高いマッチングが期待できます。

日本人は我慢強いので苦しいことにも耐えることに良しとしがちです。

ふじた部長

あなたが今の仕事で我慢し続けると最悪の場合、メンタルを病んで働けなくなるかもしれません。

もしかしたら、業績が悪化して労働条件が悪くなることもあり得ます。

40代の方が社会に出て20年以上経ちますが、職場を取り巻く環境は大きく変わったはずです。

倒産を経験した人もいるかもしれません。

定年までの残り20年以上の期間も、今までと同等がもしくはそれ以上の変化が起こります。

大きな変化の波に対応する為には、準備しておくことが大切です。体力も落ちてくる社会人後半戦を無事に生き抜く為にもしっかり備えておきましょう。

まずは情報を収集するスタンスで全然OKです!

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

-管理職とは