☟40代は人生最大の分かれ道!☟

PR 管理職とは

【大暴露】管理職が年収アップを目指す方法!転職時にも使える交渉成功のコツ

「管理職の経験やスキルによる年収差を知りたい」
「管理職が年収アップを目指すには」
「年収交渉に自信がない」
「年収が低く転職を考えている」

こんな悩みにお答えしていきます。

管理職になると、一般的には高い年収が約束されます。

しかし、管理職といっても業界や企業によっては大きく年収が異なります。

ふじた部長

そのため、管理職の年収実情を知ることは、現職でのキャリアアップや転職活動において重要な情報となります。

そこでこの記事では

  • 管理職の年収基礎知識
  • 管理職が年収アップを目指す方法
  • 管理職向け年収交渉成功のコツ
  • 年収に納得できない管理職は転職を視野

を詳しく説明していきます。

ぜひこの記事を参考に、年収アップを目指しましょう。

40代が年収UPさせる方法

40代必須のスキルを習得する
まったく新しい実践形式のスクール! 40代の経験とスキルを活かして
生涯年収+3,000万円を生み出す! 経験豊富な40代だから
おすすめできる転職エージェント! 40代が人生を変えたいなら読書は最強の方法!

管理職の年収基礎知識

管理職の年収基礎知識

管理職になれば当然年収は上がります。

しかし、具体的にどの程度上がるのか、何が影響しているのかは分からない人も多いでしょう。

ここでは、管理職とは何か、管理職の年収の傾向や統計データ、年収の決定要因など、管理職の年収について基礎的な知識を解説します。

  • 管理職の定義と役割
  • 管理職の年収の傾向と統計データ
  • 年収の決定要因となる要素

一つずつ見ていきましょう。

1.管理職の定義と役割

管理職には多くの責任が伴います。

管理職の役割は、チームや部署の目標達成のための計画策定、人材育成、業務改善、問題解決などが挙げられます。

また、管理職は部下のメンバーたちを励まし、モチベーションを高め、良好な職場環境を作るためのリーダーシップを発揮することも求められます。

僕は現職で部長を務めています。

新しいプロジェクトに取り組むことになった場合には、メンバーたちは新しい取り組みに対して不安を感じるでしょう。

ふじた部長

僕はメンバーたちと一緒に計画を立てて、具体的なタスクを振り分けることで、不安を解消するようにしています。

結果的にプロジェクトが成功すれば、チーム全員が達成感を感じることができるからです。

管理職は、その責任の重さから報酬や待遇面で優遇されます。

しかしその分、高いスキルやマネジメント能力が求められます。

リーダーシップやコミュニケーション能力、問題解決能力などのスキルを磨き、自分自身の成長を促すことが大切です。

優れた管理職になるためには、様々なスキルを磨く必要があります。

理想の上司については、関連記事「【誰もが憧れる】理想の上司の特徴!ダメな管理職にならない為のポイント」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

2.管理職の年収の傾向と統計データ

管理職の年収は、その職種の責任と役割に応じて異なる傾向があります。

経営層にいるCEOやCFOの年収は、一般的な管理職と比較すると非常に高い傾向です。

一方、マネージャーや部長クラスの年収は、その企業の業界や規模によって大きく異なります。

管理職の給料の実情については、関連記事「【管理職の給料】現役部長の僕が実情を告白します!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

以下に、一般的な管理職の年収データを表にまとめました。

役職名年収
チームリーダー450万円~700万円
課長700万円〜1,000万円
部長1,000万円〜1,500万円
取締役1,500万円〜3,000万円

とはいえ、年収は必ずしも役職に比例するわけではないのが事実です。

実績や経験スキルによって異なります。

営業系でインセンティブがある場合は、成績の良い営業マンが上司の年収を超えるなんてことも多々あります。

もしあなたが管理職として転職を考える際には、自分の実力やスキルを評価して、企業の求める人材に見合った年収を目指すことが大切です。

3.年収の決定要因となる要素

年収は、社会人として一番気になる指標のひとつです。

管理職になると年収も増え、魅力的な待遇を受けられるイメージがあるでしょう。

実際にどのような要因が影響するのでしょうか。

まず、仕事内容が年収に大きく関係しています。

ふじた部長

業種や職種によって異なりますが、担当する業務の難易度や責任の大きさによって、年収に差が生じます。

また、人材不足の分野では年収が高い傾向にあります。

スキルや経験によっても年収が変わってくるので、スキルアップやキャリアアップによって、年収を増やすことができます。

最近のIT業界では、スキルの高い人材は年収が高い傾向です。

さらに、地域によっても年収に差があります。

ふじた部長

大都市圏では年収が高い傾向にある一方、地方や僻地では年収が低くなる傾向にあります。

とはいえこれに関しては、生活費も違うので一概にどちらが良いともいえません。

このように、年収には様々な要因が関わっています。

自分のスキルやキャリアアップを意識することで、より高い年収を手に入れることができます。

管理職が年収アップを目指す5つの方法

管理職が年収アップを目指す5つの方法

管理職としての年収アップを目指す5つの方法を解説します。

  • 自己分析して自分の強みと弱みを知る
  • 年収アップに必要な資格やスキルを習得
  • 周りの人とネットワークを広げる
  • 実績を積み重ねるチャンスをつかむ
  • 上司や先輩にアドバイスをもらう

それぞれ詳しくみていきます。

1.自己分析して自分の強みと弱みを知る

自己分析をして自分の強みと弱みを知ることは、キャリアアップにおいて非常に重要なステップです。

自分の特性を理解すれば、スキルアップや成長に直接的な影響を与えることができます。

僕は新入社員時代に、何も考えず黙々と仕事をこなしていました。

ふじた部長

ある日上司から「あなたはコミュニケーションが苦手だね」と言われ、初めて自分自身の弱点に気づいたのです。

その後、自己分析をすることで、コミュニケーション力の向上が自分のキャリアアップに必要だと知り、主体的にセミナーや研修に参加するようになりました。

自己分析は自分自身を客観的に見ることができるため、自分の長所や短所を認識することができ、自分自身の成長に向けた行動ができるようになります。

セミナーや研修に参加すのは少し気が引ける人には、本がおすすめ。

管理職に読んで欲しい本を、関連記事「【2024年最新版】管理職におすすめ本!500冊以上読んだ会社員が完全網羅!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

2.年収アップに必要な資格やスキルを習得

年収アップに必要な資格やスキルを習得するには、自分がどの分野に興味を持っているか、どのスキルを身につけたいかを考えることが重要です。

たとえば、エンジニアに興味を持っている場合、プログラミングスキルを磨くための学習が必要となります。

日頃から意識したいのは、業務に取り入れることのできる新しいツールを使ってみたり、自分でプロジェクトを立ち上げてみたりして、実践の場面で経験を積んでおくことです。

ふじた部長

可能であれば上司や先輩からのアドバイスやフィードバックを積極的に受けましょう。

彼らは自分が経験したことから学んでいるため、彼らの経験を共有することで自分のスキルアップにつなげることができるからです。

3.周りの人とネットワークを広げる

周りの人とネットワークを広げることは、年収アップにとって非常に重要な要素です。

自分の周りにいる人の平均年収が自分の年収といわれます。

自分自身だけで完璧に仕事ができる人は滅多にいませんので、いろいろな人と接触することで、新しいアイデアや視点を得ることができます。

ふじた部長

たとえば、あなたが新しいビジネスを開始したい場合、周りの知人が良いヒントになるかもしれません。

彼らはあなたのビジネスに関する情報を持っていなくても、第三者視点の有益なアドバイスをくれるからです。

また、業界の専門家とのつながりを持つことで、業界のトレンドや進展に関する最新情報を手に入れることができます。

僕自身、地元の商工会議所青年部に所属していました。

ふじた部長

40歳未満の若手経営者や会社幹部が所属する商工会議所の下部組織で、活動を通じてたくさんの人と繋がることができました。

普通に暮らしていては、絶対に仲良くなることができない友人ができたのも魅力です。

他にも業界の会合やイベント、研究会やセミナーなど、多くの場があります。

同じような目的を持つ人々と出会い、交流することができるでしょう。

また最近では、SNSを利用すれば同じ志を持つ人を一瞬で探すこともできます。

自分自身の興味や関心のある分野で、積極的につながりを持ちましょう。

ビジネスの展開や自分のキャリアアップにおいて非常に役立つはずです。

4.実績を積み重ねるチャンスをつかむ

実績を積み重ねるためにチャンスをつかむためには、自分から積極的に動くことが大切です。

たとえば、上司が求めるものを先回りして、自分から提案することが挙げられます。

その際には、周りの人とのコミュニケーション能力も必要不可欠です。

人間関係を構築し信頼関係を築くことで、自分にチャンスが回ってくる可能性が高くなります。

総合商社に勤めている僕の知人の例です。

新規ビジネスの立ち上げに関心があり、自らアイデアを考え提案をしました。

その結果、知人が中心となってプロジェクトが進行することとなり、短期間での実績を積むことができたのです。

ふじた部長

結果的にメンバーとして参加した社員と良好な関係を築くことができ、今後のキャリアアップにつながるチャンスを手に入れることができました。

自分からアクションを起こして、人間関係を構築することで、実績を積むためのチャンスをつかむことができます。

5.上司や先輩にアドバイスをもらう

上司や先輩にアドバイスをもらうことは、キャリアアップに必要不可欠な要素です。

経験が豊富な彼らからの助言は、あなたの職務内容やキャリアの方向性を明確にするのに役立ちます。

ふじた部長

相手の立場に立ち、明確な質問をすることで、自分自身のキャリアを進めるために役立つアドバイスを得ることができます。

キャリアアップにおいて、上司や先輩からのアドバイスやフィードバックは非常に重要です。

ただし、自分で考える力も大切にして、バランスよくアドバイスを活用することが望ましいです。

管理職向け年収交渉成功4つのコツ

管理職向け年収交渉成功4つのコツ

管理職向け年収交渉成功のコツ年収交渉の成功のためには、交渉の準備、相手の立場や意見を考慮すること、交渉のテクニックやコツ、そして交渉が失敗した場合の対処法が必要です。

交渉を行う際には、事前に十分な準備が必要であり、相手の要望や立場を理解して進めましょう。

  • 年収交渉の準備
  • 相手の立場や意見を考える
  • 交渉のテクニックとコツ
  • 交渉が失敗した場合の対処法

順番に解説します。

1.年収交渉の準備

年収交渉の準備について解説します。

まず、交渉前に自分が望む年収を決める必要があります。

そのために、自分が持つスキルや経験、業界の平均給与などを調べ、適正な額を見極めることが大切です。

ふじた部長

転職アプリの「ミイダス 」を使えば、自分の適正年収を調べることができます。

ゲーム感覚で自己診断できるので、転職に興味がなくても自分を知る意味でも利用してみるのがおすすめ。

勿論無料なので、なんのデメリットもありません。

\あなたの市場価値って実はかなり高い/

ミイダス登録プロモーション

次に、交渉する相手の情報を集めましょう。

企業の業績や年収体系、相手の立場や交渉する背景などを把握しておくことで、交渉の余地や範囲を予測することができます。

いくら年収アップを希望しても会社側に余力がなければ意味がありません。

ふじた部長

そして、自分の希望と相手の希望をどう調整するかを考え、その策を準備しておきましょう。

年収交渉を成功させるためには、自分の適正年収を知ることや相手の情報を把握することが大切です。

また、自分の意見や交渉策をまとめ、交渉前に準備しておくことで、交渉の成功確率が高くなります。

2.相手の立場や意見を考える

相手の立場や意見を考えることは、給与交渉をする上で非常に重要なポイントです。

相手の立場や考えを把握し、その上で自分たちの要望を伝えることが、円滑な交渉につながります。

具体的には、相手の立場に立って、自分たちの要望がどのように相手にとってもメリットがあるかを説明することが必要です。

上司に自分たちの昇給要望を伝える場合です。

ふじた部長

自分たちの成果や貢献をアピールするだけではなく、会社の業績や目標を達成するために必要な人材として自分たちが貢献できることをアピールすることが大切です。

また、相手の立場に立って考えるだけでなく、相手の意見もしっかり聞きましょう。

相手が何を求めているのか、何ができないのかをしっかり聞いて、自分たちの要望と相手の要望を擦り合わせをすることが求められます。

相手の立場や意見を考えることが給与交渉で成功するための重要なポイントです。

相手の立場に立って、自分たちの要望が相手にとってもメリットがあることをアピールし、相手の意見を聞き出しましょう。

3.交渉のテクニックとコツ

年収交渉における、交渉のテクニックとコツを解説します。

交渉のテクニックは、自分の要望を相手に受け入れてもらうための技術です。

まずは、相手の要望を聞いて、それを受け入れることが重要です。

ふじた部長

また、自分の要望を伝える際には、相手が受け入れやすい形で伝えることがポイントになります。

たとえば、相手の予算内で解決できるような提案をすると良いでしょう。

さらに、交渉においては、相手の立場を理解し、その立場に合わせたアプローチをすることが大切です。

会社の決まりに縛られている場合は、会社のルールに則った提案をすると良いでしょう。

また、交渉中は相手の反応をよく観察し、相手の意図を理解することも重要です。

相手がどういうことを求めているかを読み取り、それに合わせた提案をすることができると、交渉が成功する可能性が高くなります。

給与交渉において、相手の要望を受け入れ、相手の立場や意図を理解し、相手の反応を観察しながら提案を調整することが成功への鍵です。

4.交渉が失敗した場合の対処法

給与交渉が失敗した場合、どうすれば良いか解説します。

まずは、失敗原因を分析することが大切です。

失敗の原因には、交渉に向けた準備不足、相手の反応をうまく読めなかったこと、自分の意見をうまく伝えられなかったことなどがあります。

ふじた部長

次回の交渉に備えて、失敗の原因を把握しておきましょう。

交渉が失敗しても、諦めずに再度交渉するのも1つの手段です。

再度交渉する場合は、前回の反省点を踏まえて臨みましょう。

交渉が難しい場合は、第三者に相談することも有効です。

たとえば、人事部や労働組合などがあります。

年収が上がらなかった場合でも、勤務時間や福利厚生など、他の条件を交渉することで、自分にとって有利な条件を引き出すことができるかもしれません。

年収に納得できない管理職は転職を視野

年収に納得できない管理職は転職を視野

年収水準が低くて納得できない時は、転職を視野に入れましょう。

ここでは、年収水準が低くて悩んでいる管理職に向けてアドバイスします。

  • 転職を考える前に自分の考えを整理
  • 求人情報を収集する方法
  • 面接でアピールするポイント
  • 入社時の年収交渉のアプローチ

一つずつ見ていきましょう。

1.転職を考える前に自分の考えを整理

転職を考えた際に、自分が求めるものや、今後のキャリアアップの方向性を明確にする必要があります。

自分が何を求めているかを整理し、その求めるものに合わせて転職先を選ぶことが重要だからです。

たとえば、収入が重視であれば、その収入を得られる転職先を選ぶことが必要です。

忙しい中で、効率的に求人情報を収集するためには、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

ふじた部長

自分がどのような業種や職種に興味があるのか、どのようなスキルアップが必要なのかを考え、それにマッチした求人情報を提案してくれます。

転職前に自分が求めるものやキャリアアップの方向性を明確にすることが大切です。

40代におすすめしたい転職エージェントはコチラ。

40代でも年収1,000万円以上の転職

JAC転職サイト

2.求人情報を収集する方法

転職を考える管理職が求人情報をどのように収集すれば良いか解説します。

まずは、自分が転職したい業界や職種を決めます。

その上で、転職エージェントや転職サイトに登録して、興味がある求人情報をピックアップします。

ふじた部長

業界によっては、専門の求人サイトがあるのでそちらをチェックするのもおすすめ。

さらに、自分の興味や専門知識を持つ業界のイベントやセミナーに参加してみても良いでしょう。

そこで業界の最新動向を知ることができ、その場で転職に関する情報も得られることがあります。

自分が希望する企業については、企業のWebサイトやSNSアカウントを調べて、採用情報が出ているか確認することも大切です。

ある管理職が、仕事内容に疲れを感じ転職を考えた例です。

転職サイトで管理職向けの求人情報を探し、エントリーしていました。

しかし、なかなか面接に進めず、自信をなくしていたところ、業界のセミナーに参加し、そこで転職エージェントと出会いました。

ふじた部長

転職エージェントのアドバイスをもとに、自分に合った求人情報を探すようになり、やがて希望の企業から内定をもらうことができたといいます。

おすすめの転職エージェントについては、関連記事「【2024年最新版】おすすめ転職エージェントまとめ 人事歴18年の僕が教えます!」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

3.面接でアピールするポイント

管理職としてのキャリアアップを目指す場合、面接でのアピールポイントが重要です。

まずは自己分析を行い、自分がどのような価値を持っているのかを把握しましょう。

たとえば、困難な状況でも冷静に対処できる強いストレス耐性や、チームマネジメント能力の高さなどが挙げられます。

ふじた部長

転職アプリの「ミイダス 」を使えば、簡単に自己分析できます。

\あなたの市場価値って実はかなり高い/

ミイダス登録プロモーション

また、その企業で求められる能力や特徴を調べて、それに合わせた内容をアピールすることも必要です。

自己PRをする際には、過去の実績や成果を具体的に挙げることで信頼性を高めることもできます。

上手く自分の強みと企業の求める人物像をリンクさせ、自信を持ってアピールすることが大切です。

4.入社時の年収交渉のアプローチ

入社時の年収交渉は重要なポイントです。

入社したい気持ちが優先すると、希望額より低く伝えてしまいます。

自分の市場価値をキチンと認識し、自信を持って交渉することが重要です。

まずは、自分の業務内容や貢献度を具体的に整理し、その評価基準や市場平均の給与水準を把握しましょう。

ふじた部長

簡単に市場価値を調べることができるのは「ミイダス」です。

\あなたの市場価値って実はかなり高い/

ミイダス登録プロモーション

たとえば、新しいプロジェクトに参加して成功に貢献し、部門内でリーダーシップを発揮した具体的な事例を挙げ、それに見合う年収水準を提案することができます。

また、相手の立場になって、会社の利益について考え、効果的な交渉をすることが大切です。

最終的には、自分の要求と会社の希望を両立できるよう、柔軟なアプローチを心がけましょう。

-管理職とは